このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年中途入社

佐藤 弘樹

介護職
建築業界からの転職。
介護に興味を持ったのは、幼い頃より祖母と関わりが多かったことがきっかけ。

入社後は施設で勤めながら、フロンティアの介護スクールに通い、介護職員初任者研修を取得。
現在はその上のレベルである実務者研修の取得に向けて励んでいます。
介護職/佐藤 弘樹
働きながら資格も取得できることに魅かれフロンティアに入社

働きながら資格も取得できることに魅かれフロンティアに入社

介護士になる以前は、
建築関係の仕事に従事していました。

しかし、自分には合わないと判断し、転職することに。

そんなとき頭に浮かんだのが介護の仕事でした。

些細な理由なんですが、もともとおばあちゃん子だったこともあり、
「向いているかも」
と思ったことがきっかけです。

そして、数ある法人の中、フロンティアの介護に入社を決めた理由は、
スキルアップできる制度が整っているからです。

「せっかく介護の仕事に就くなら資格も取得したい!」
と考えていた私にとって、働きながら資格取得のスクールにも通うことができる当社はとても魅力的でしたね。
認知症をもつ入居者様と通じ合えたときに成長を実感

認知症をもつ入居者様と通じ合えたときに成長を実感

現在は介護付有料老人ホーム
“ほんじょうの憩”に勤めています。
主な仕事は食事介助や入浴介助など、
入居者様の日常生活のお手伝いをすることです。

入社当初は認知症をもつ
入居者様との向き合い方が分からず、
戸惑いを覚えました。
そんなとき頼りになったのが周囲のスタッフの方々です。
焦っている私を見るやいなや、すぐさまフォローに入ってくれていました。
とても心強かったですね。
そのようなサポートもあり、今では接し方も分かり、楽しく仕事に取り組むことができています。
「ありがとう」の言葉は照れ臭いです(笑)でも、それがやりがいです

「ありがとう」の言葉は照れ臭いです(笑)でも、それがやりがいです

仕事のやりがいは認知症の入居者様と通じ合えたとき、
そして感謝されたときですね。

私にとっては些細なこと、たとえばお茶を変えてあげるなど、そんなちょっとしたことでも入居者様は
「ありがとう」と
喜んでくださるんです。
最初は照れ臭かったですよ(笑)

しかし、その一言が
「明日も頑張ろう」という
モチベーションに繋がっています。

今後の目標としては、みんなに安心してもらえる介護士になることです。
“みんな”とは、入居者様はもちろん、
介護士や看護師を含めた
周囲のスタッフ、そして
入居者様のご家族の方々を指します。

この目標を持つきっかけになったのは、尊敬する先輩の存在が大きいですね。
その先輩はいろんな視点を持って
日々の業務に取り組んでいました。
目の前の入居者様のこと、一緒に働いているスタッフのこと、施設のこと。
現在では昇進されて、
一緒に働く機会はなくなりましたが、
今でも私の目標です。

外出レクの機会を増やすことが課題であり目標です

課題としては、入居者様と接する時間をもっと増やすことです。
具体的には
“外出レクの頻度をあげたい”
と考えています。
ときどき入居者様の口から
「いろんな景色を見たいなぁ」
という言葉がこぼれます。
その都度、
「どこかに連れて行ってあげたい」
と思うのですが、現状は日々の業務に精一杯であることに加え、
スタッフの数にも限りがあることからなかなか実現できていません。

もっと人員を増やして、そして私自身もスキルアップして、入居者様に提供できるサービスを増やしていきたいです。

フロンティアほど社員の成長をサポートしてくれる会社はないと思います

経験に関しては、入社してから積むことができますし、資格についても、フロンティアが運営するスクールにて資格取得をバックアップしてくれます。

実際、ここまで社員の成長をサポートしてくれる体制は、
「他社では真似できない」と
私は思います。

未経験だけど介護の仕事に興味がある方にとって、フロンティアの介護は魅力がいっぱい詰まった会社です。

異業種から転職した私が言うので間違いないと思います(笑)
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ヘルパーに関連する求人票を見る